ダイエットを成功させるために、食事に野菜を上手く取り入れる

野菜から食べ始める食事で無理なくダイエットを成功させる

食事の順番を変えるだけでも、ダイエット効果は大きく変わってきます。
お腹が空いていると、どうしても甘いものやご飯などの炭水化物を先に食べてしまいがちです。

しかし、それは急激な血糖値の上昇に繋がりますし、太りやすい食生活です。
食事は最初に野菜を食べることで、咀嚼回数が増えますし、食事をゆっくりと食べることにも繋がります。

早食いは満腹中枢が働く前に、たくさん食べてしまうので、どうしても食べすぎてしまいます。
野菜を先に食べることで、食事の時間が長くなり、満腹中枢を働かせて、甘いものや炭水化物の食べすぎを防いでくれます。

無理に食べないダイエットを行うよりも、きちんと食べるダイエットを行い、健康的な体を作っていきたいものです。

ダイエット中の食事も野菜だけでなく、タンパク質も摂るようにする

タンパク質は太りやすいイメージがありますが、むしろ筋肉を作ったり肌や髪などのためにもしっかりと摂りたいものです。
野菜を食べた後はタンパク質のおかずを食べるようして、最後に炭水化物の主食を食べるようにすると良いでしょう。

こうすることで、炭水化物の摂りすぎを防ぐことができます。
炭水化物は食べた後は糖質に変わります。

ダイエットは体脂肪を減らすことが目的です。
そのため、糖質や脂質などを摂りすぎないように気を付けたいものです。

野菜やタンパク質のおかずの味付けが濃いと、どうしてもご飯などの主食の量が増えてしまいます。
薄味にすれば、ご飯と一緒でなくても美味しく頂けます。
また薄味にすることで、塩分を減らすことができます。

塩分以外の味付けで野菜やタンパク質のおかずを美味しく食べるダイエット

野菜やタンパク質のおかずは塩分を控えめにすると、どうしても味がぼやけてしまうことがあります。
味が薄ければ、素材の味を楽しむこともできますが、時には物足りなく感じてしまうかもしれません。

そのような時は酸味や香辛料を効かせた味付けにするのも良い方法です。
味付けを変えれば、同じ食材でも違った味わいを楽しむことができます。

ダイエット中はどうしても食べる食事の量が制限されてしまいます。
そのため、その中でなるべく美味しく食べることも、ダイエットを成功させる秘訣の一つです。

ご飯などの主食の炭水化物は摂りすぎると太りやすくなりますが、逆にまったく摂らないのも、健康には良くありません。
自分の体の栄養のバランスを考えながら、食事を摂るようにしましょう。

野菜の食べ方を工夫して、ダイエットを成功させる

ダイエットのために、毎食野菜から食べ始めると言っても、レパートリーには限界があるかもしれません。
毎回サラダというのも飽きてしまいますし、数種類の野菜をいつもストックしておくのも大変です。

そこで取り入れたいのが野菜ジュースや青汁などの飲む野菜です。
自宅で野菜を栽培していれば別ですが、すべての野菜を買って揃えるとなるとかなり大変です。

時期によっては野菜は高くなりますし、野菜はすぐに鮮度が落ちてしまいます。
できれば新鮮な野菜を食べるようにしたいものですが、毎回それを行うのは難しいかもしれません。

野菜を漬けたり、冷凍にして保存する方法もあります。
野菜を漬ける場合は、塩分が濃くなりすぎるので、食べる時は塩分を減らして摂るようにしましょう。

ダイエットをきっかけに、野菜の美味しさを知って好きになる

痩せたいと思っている人の中には野菜があまり好きではないという人もいるかもしれません。
しかし、新鮮で美味しい野菜の味を知ってしまうと、今までの野菜へのイメージが変わってしまうかもしれません。

ダイエット中は食事の量も制限されるので、できるだけ美味しい食材を食べるようにしたいものです。
無農薬や有機野菜を利用するのも良いですし、野菜の直売所などで、新鮮な取れたて野菜を購入するのも一つの方法です。

また、ダイエットをきっかけに野菜を自分で栽培してみるのも良いでしょう。
庭や畑がなくても、プランターでベランダ栽培ができる野菜もたくさんあります。

野菜を意識して作ったり食べたりすることによって、知識も増えますし、健康的な食生活に実現にも繋がります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする